嬉しい夫婦と多様な薬
薬のケースと水のグラス

若者のインポテンツの原因として、最も考えられるのが精神的な不安です。
そもそも性交を経験した事がない男性は、きちんとセックス出来るか、不安な気持ちに押しつぶされます。
緊張や不安を持った男性は、そのストレスから下半身の働きが著しく鈍ります。
経験豊かな男性であれば、その不安をコントロール出来ますが、初体験の時から堂々と性行為を始められる若者は全体のごく僅かです。

アダルトビデオで予習しているから、インポテンツになる事はない、と楽観的に考えている若者も多いですが、バーチャルな映像とリアルの行為は別物です。
またAVを見ながらするオナニーと生身の彼女を相手にする性行為では、当然後者の方が緊張します。
更に前者の行為は自分勝手に進められますが、彼女をエスコートする必要があるリアルの行為だと、前戯や愛撫を交わしている間に、緊張のあまりインポテンツ状態が発症するのです。

心因性インポテンツは若者の多くが一度は経験するコンプレックスですが、何度か経験を積み重ねる事で、徐々に改善して行きますので、ネガティブに考える必要はありません。
ただ、既に何度も性行為に挑戦しているにも関わらず、毎回決まってペニスが立たない若者は、要注意です。
心因性インポテンツは習慣化しやすく、オナニーは可能だがセックスが殆ど出来ない状態が慢性化している方は、ED治療薬などの医学的サポートが必要になります。
ED治療でインポテンツを解消したいなら薬を使うべきです。
若年層のセックス離れやセックスレスが社会問題化している今、男性が自らコンプレックスの克服に取り組む勇気が求められます。
ペニソールなどの精力剤を使用して克服するのも良いでしょう。

ペニソールは、天然成分100%で作られている男性器強化のためのサプリメントです。 主にペニスのサイズアップ効果が高いことで人気となっておりますが、他にも勃起力アップと早漏防止効果を兼ね備えており、勃起不全治療薬のバイアグラや早漏防止薬のプリリジーなどによくある顔の火照りや、頭痛などの副作用を心配する必要がないという点も評価されています。

引用元:ペニソール | 医薬品アットデパート

また心因性以外には、肥満や高血圧症、うつ病などの原因が考えられますが、若年層の場合、その確率は低く、やはり真っ先に疑うべきはベッドの上での緊張や不安なので、インポテンツを解消したいなら薬を使うべきです。

記事一覧
漢方で射精を促してインポテンツを改善する 2020年04月05日

インポテンツは漢方で改善することができます。漢方を扱う東洋医学では、同じ病気でもその人に合う治療薬を用いるという考え方があります。よって何が原因で射精を妨げているのかによって、処方される漢方が異なります。インポテンツの原因は大きく分けて4つあります。まずホルモンの働きが衰えている場合です。生殖に関わ...

インポテンツの治療は健康保険が適用されません 2020年03月01日

インポテンツには健康保険の適用が認められていません。どのような原因で発症したインポテンツであれども、健康保険を使うことはできないのです。ED治療薬は依然として1錠1,000円を超えますが、高すぎる理由には自費診療であることがあります。10割全額負担となるので、保険適用となる薬と比べて高いのは当然です...

インポテンツに使える小林製薬サプリと塗るタイプの薬 2020年01月31日

サプリメントの中にはインポテンツ対策用の物もありますが、小林製薬からも発売されています。小林製薬のサプリメントの有効成分としてピクノジェノールが挙げられますが、フランス海岸の松の樹皮からとれる天然のエキスの事です。ピクノジェノールには一酸化窒素合成酵素を活性化する働きがあるのですが、この作用によって...