• ホーム
  • インポテンツの治療は健康保険が適用されません

インポテンツの治療は健康保険が適用されません

2020年03月01日

インポテンツには健康保険の適用が認められていません。
どのような原因で発症したインポテンツであれども、健康保険を使うことはできないのです。
ED治療薬は依然として1錠1,000円を超えますが、高すぎる理由には自費診療であることがあります。
10割全額負担となるので、保険適用となる薬と比べて高いのは当然です。

インポテンツと関わりの深い糖尿については健康保険の適用となります。
ただし、糖尿により発症したインポテンツには保険は使えません。
保険適用となるのは糖尿までで、それにより併発したインポテンツは自費診療となります。

糖尿がインポテンツに関係する理由は、血液をドロドロにするからです。
高血糖の状態とは、いわば血液に砂糖が溶け込んでいるようなものです。
砂糖はベタベタしますから、当然血液もドロドロになってしまいます。
ドロドロの血液は循環が悪く、毛細血管をうまく流れることができません。
そのため、陰茎海綿帯にも血液が流れにくく、十分な勃起力を確保できないのです。
糖尿に限ったことではなく、血液をドロドロにする疾患はすべて勃起力を低下させる原因となります。

勃起力が弱くなると、男性の自信も喪失されていきます。
ペニスとは男性の分身であり自信でもあります。
勃起力や精力減退とともに、急に老け込んでしまう男性は多いでしょう。
性行為の頻度が少なくなると、パートナーとの不仲の原因ともなりますし、男性不妊を招くこともあります。
性行為の回数が少ないほど、妊娠のチャンスが減るのは当然のことでしょう。
糖尿などの生活習慣病を発症している方は、健康保険を使って治療をしておきましょう。
生活習慣病を予防して健康になることが将来のインポテンツ予防になるのです。

関連記事
漢方で射精を促してインポテンツを改善する

インポテンツは漢方で改善することができます。漢方を扱う東洋医学では、同じ病気でもその人に合う治療薬を用いるという考え方があります。よって何が原因で射精を妨げているのかによって、処方される漢方が異なります。インポテンツの原因は大きく分けて4つあります。まずホルモンの働きが衰えている場合です。生殖に関わ...

2020年04月05日
インポテンツに使える小林製薬サプリと塗るタイプの薬

サプリメントの中にはインポテンツ対策用の物もありますが、小林製薬からも発売されています。小林製薬のサプリメントの有効成分としてピクノジェノールが挙げられますが、フランス海岸の松の樹皮からとれる天然のエキスの事です。ピクノジェノールには一酸化窒素合成酵素を活性化する働きがあるのですが、この作用によって...

2020年01月31日
インポテンツでも精力剤で5連発が可能になる?

インポテンツは勃起をし難い状態ですので、一回の射精ですら実現する事は困難です。ましてや5連発など不可能と言えます。では精力剤を飲む事で5連発ができる位の勢いが蘇るのかと言えば、それは精力剤をもってしても難しいのです。そもそも精力剤ではインポテンツを改善する事はかなり困難である可能性が高いと言えます。...

2019年11月22日
後発品のインポテンツ治療薬を入手

インポテンツを治療する方法としてよく用いられるのは、なんといってもインポテンツの改善に効果がある医薬品を用いた方法です。日本国内では、泌尿器科が設置されている病院に行って医師の診察を受け、処方せんを手に入れれば、調剤薬局で購入することができます。しかし、インポテンツの治療薬は公的健康保険の適用対象外...

2020年01月06日
勃起力アップやインポテンツが治療できる病院は予約不要?

ひと昔前までは勃起障害のことをインポテンツと呼んでいましたが、最近ではEDという言い方が使われています。EDの症状は加齢が原因と考えがちですが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と併合して発症することも多いですし、心因性の要因によって発症する場合もあります。インポテンツの治療を行うときには、まずは原因を...

2019年12月10日
前立腺摘出後の性欲減退のインポテンツは治療薬で改善

性欲の減退や勃起障害などの症状のことを、性機能障害と呼びます。直腸がんや泌尿器科系におけるがんによって、手術で膀胱や前立腺摘出を行ったときに起こりやすい症状として、性欲減退や射精障害、勃起障害などがあります。前立腺摘出後などに性欲減退の症状があらわれたときには、男性の中には自尊心を低下させてしまった...

2019年10月24日
若年化するインポテンツと社会問題

男性の悩みのひとつにインポテンツがあります。これは十分な勃起が得られず満足な性行為を行えないという状態を指します。そしてこの場合もまったく勃起が起きないという状態もあれば、勃起はしているものの、十分な硬さを得ることができない、性行為が終るまで十分に維持できないといった悩みを持つ人もあります。かつては...

2019年10月09日
未成年者のインポテンツの治療方法

インポテンツと言うと30代、40代以上の男性に多い症状だと思われてしまうかもしれませんが、実際には未成年でもその症状で悩んでいる人は珍しくありません。しかし、まだ内臓の機能の発達が不十分の場合などもあるため、安易に医薬品を利用してしまうのは危険な場合もあります。では、未成年者のインポテンツの治療方法...

2019年09月24日