• ホーム
  • 後発品のインポテンツ治療薬を入手

後発品のインポテンツ治療薬を入手

2020年01月06日

インポテンツを治療する方法としてよく用いられるのは、なんといってもインポテンツの改善に効果がある医薬品を用いた方法です。
日本国内では、泌尿器科が設置されている病院に行って医師の診察を受け、処方せんを手に入れれば、調剤薬局で購入することができます。
しかし、インポテンツの治療薬は公的健康保険の適用対象外となっているため、ある程度大量に錠剤を手に入れようとした場合に高額の費用が必要となります。

もし、インポテンツの治療薬の薬代を少しでも安く抑えたいと考えているのであれば、後発品を使用するのも良い方法です。
例えば、世界で始めてのインポテンツ治療薬には有効成分にシルデナフィルが含有されていますが、この薬を製造・販売しているメーカーが取得していた物質特許は2013年5月に、用途特許は2014年5月に期間が満了しています。
そのため、シルデナフィル含有薬は法令に基づく手続きを踏めば、どんな製薬メーカーでも製造と販売が行えるようになりました。
用途特許の期間が終わった2014年5月以降、10社以上の製薬メーカーがシルデナフィル含有薬の後発品を発売しています。
先発品が50mg錠が1錠あたり1,500円前後の価格設定なのに対して、後発品は1錠あたり1,000円程度の価格設定となっています。
後発品は、錠剤の形やコーティングの方法、コーティングに使用されている成分など、いくつかに先発品との違いが見られるものの、有効成分の含有量については先発品と全く一緒であるため、体内に薬剤が投与された場合の作用機序は基本的にはほぼ一緒です。

インポテンツ治療薬は先発品から後発品に切り替えると、1錠あたり数百円程度は出費を抑えることができます。
もし、医師から後発品への切り替えをすすめられた場合は、切り替えた時の身体への影響を医師から聞き出した上で切り替えるかどうかを決めると良いでしょう。

関連記事
インポテンツでも精力剤で5連発が可能になる?

インポテンツは勃起をし難い状態ですので、一回の射精ですら実現する事は困難です。ましてや5連発など不可能と言えます。では精力剤を飲む事で5連発ができる位の勢いが蘇るのかと言えば、それは精力剤をもってしても難しいのです。そもそも精力剤ではインポテンツを改善する事はかなり困難である可能性が高いと言えます。...

2019年11月22日
勃起力アップやインポテンツが治療できる病院は予約不要?

ひと昔前までは勃起障害のことをインポテンツと呼んでいましたが、最近ではEDという言い方が使われています。EDの症状は加齢が原因と考えがちですが、高血圧や糖尿病などの生活習慣病と併合して発症することも多いですし、心因性の要因によって発症する場合もあります。インポテンツの治療を行うときには、まずは原因を...

2019年12月10日
前立腺摘出後の性欲減退のインポテンツは治療薬で改善

性欲の減退や勃起障害などの症状のことを、性機能障害と呼びます。直腸がんや泌尿器科系におけるがんによって、手術で膀胱や前立腺摘出を行ったときに起こりやすい症状として、性欲減退や射精障害、勃起障害などがあります。前立腺摘出後などに性欲減退の症状があらわれたときには、男性の中には自尊心を低下させてしまった...

2019年10月24日
若年化するインポテンツと社会問題

男性の悩みのひとつにインポテンツがあります。これは十分な勃起が得られず満足な性行為を行えないという状態を指します。そしてこの場合もまったく勃起が起きないという状態もあれば、勃起はしているものの、十分な硬さを得ることができない、性行為が終るまで十分に維持できないといった悩みを持つ人もあります。かつては...

2019年10月09日
未成年者のインポテンツの治療方法

インポテンツと言うと30代、40代以上の男性に多い症状だと思われてしまうかもしれませんが、実際には未成年でもその症状で悩んでいる人は珍しくありません。しかし、まだ内臓の機能の発達が不十分の場合などもあるため、安易に医薬品を利用してしまうのは危険な場合もあります。では、未成年者のインポテンツの治療方法...

2019年09月24日